昨年は6月中に収穫が始まったブルーベリーだが1か月近く遅れてようやく実って食べごろになった。ブルーベリーは様々な栄養素があることで知られ特に眼に良いというのが定説だ。小湊鉄道南部では道端にも見られ、里見駅では喜動房倶楽部が駅近くで育て摘み取りも実施している。更に隣接する木更津市は古くからブルーベリーの産地として知られている。気候風土が良質なブルーベリーを生産するのかもしれない。今回紹介するのは里山連合の仲間月崎の安由美会の管理するブルーベリーである。

99J_0014_R
天候不順で心配されたが最初の収穫から粒も甘さも十分である

99J_0016_R
ほとんどが注文で販売している

99J_0017_R

99J_0018_R

99J_0019_R

99J_0021_R

99J_0022_R
ここのブルーベリーは管理が行き届き剪定や肥料が十分で樹勢がある

我が家の鉢植えのブルーベリー
99J_0051_R

99J_0052_R